サイトご利用条件-Guide-

このWebサイトhttp://www.cap-kyoei.co.jp(以下「当Webサイト」といいます)は、株式会社共栄(以下「当社」といいます)が管理・運営するWebサイトです。当Webサイトをご利用になる際には、事前に以下の項目をお読みください。

著作権

当Webサイト内のコンテンツ(情報・資料・画像・音声・文章など)の著作権は、当社および関連事業またはコンテンツの供給者に帰属しております。個人的な利用または著作権法により認められた利用を行う場合を除き、営利、非営利を問わず、また、いかなる媒体においても、事前に当社の許諾を得ることなしに、複製、転用、改変、公衆送信、販売などの行為をすることはできません。

このページの先頭へ

商標

当Webサイト上に記載・掲載されている商標・ロゴマーク・商号は、株式会社共栄の商標です。商標法またはその他の法律により認められている場合を除き、当社の事前の承諾なしに、これらを使用等することはできません。

このページの先頭へ

ご利用環境

ブラウザ推奨環境 ieMicrosoft Internet Explorer 6.7.8以降、
chromeChrome5.0以降
fireFirefox 3.6.8以降
safariSafari 5.0以降、
operaOpera10.6以降
※注意)Webサイトのレイアウトが崩れるなど、一部機能が動作せず利用できない可能性があります。
JavaScript 当Webサイトでは、JavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでJavaScriptの設定を無効にされている場合、コンテンツが正しく表示されない、もしくは正しく機能しないことがあります。すべてのコンテンツをご利用いただくには、ブラウザの設定でJavaScriptの設定を有効にしていただくことをおすすめいたします。※通常は各ブラウザとも有効に設定されています。

モニタ解像度

1024×768
必要なプラグイン Macromedia Flash Player 8以降
Adobe Acrobat Reader 6.0以降
※注意)当Webサイトでは、スタイルシートを使用して記述しています。非対応のブラウザをご使用の場合、正しく表示されないことがあります。

このページの先頭へ

クッキー(Cookie)

当Webサイトにアクセスすると、当Webサイトからお客様のパソコンにCookieが送信されます。Cookieは、文字列情報からなる小さなファイルで、個々のお客様のブラウザを識別します。当Webサイトで設定するCookieには、お客様の個人情報(会社名、名前、電話番号、メールアドレス、住所等の情報)は含まれていません。 当Webサイトでは、Webサイト上の機能提供やサービスの品質向上のため、お客様の設定内容の保存(文字サイズの拡大など)や、お客様の傾向(どの順番でページを見ているかなど)調査のほか、お客様ごとに表示する内容を変更するなどのためにCookieを使用します。多くのブラウザが初期状態ではCookieを受け入れるように設定されていますが、ブラウザの設定を変更してCookieの受け入れを拒否することや、Cookieが送信されると表示するように設定することも可能です。ただし、Cookieを無効にすると、当Webサイトの一部の機能およびサービスが正常に機能しなくなることがあります。あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ

リンク

当Webサイトへのリンクは、以下のご遠慮いただいている表示形式を除き自由です。
ご遠慮いただいている表示形式

リンク元のフレーム内で当社ホームページが表示されるなど、当社のコンテンツであることが 不明確となり、第三者に誤解を与える可能性がある表示。当WebサイトのURLは、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
当社のロゴを使用する場合は、当社規定のロゴを使用してください。ロゴについては、下記「お問い合わせ」からご連絡ください。Webサイトの内容および利用条件等をよくご確認いただいた上で、閲覧または利用を行ってください。

このページの先頭へ

免責事項

当社は、当Webサイト上のコンテンツの内容について妥当性や正確性について保証するものではなく、一切の責任を負わないものといたします。
当Webサイト上のコンテンツやURLは予告なしに変更または中止されることがあります。あらかじめご了承ください。
理由のいかんにかかわらず、情報の変更および当Webサイトの運用の中断または中止によって生じる、いかなる損害についても、当社は責任を負うものではありません。

このページの先頭へ

注意事項

当Webサイトの中での情報は将来の業績を保証するものではありません。
実際の業績・生産効率は、予測しえない経済状況の変化などさまざまな要因により見通しとは大きく異なる結果となる可能性があります。